Home / JLPT / JLPT N3 / Luyện đọc hiểu Shinkanzen N3 – Bài 7

Luyện đọc hiểu Shinkanzen N3 – Bài 7

Luyện đọc hiểu Shinkanzen N3 – Bài 7

漢字は5万字ほどもあると言われているが、これを全部使うのは大変だ。そこで、日本では1981年に普段使う漢字を1945字に決め、これを常用漢字と呼んでいた。そして、なるべくこの範囲で漢字を使うようにした。この常用漢字の数が2010年に1945字から2136字に増えた。どうしてだろうか。

それは、パソコンや携帯電話などの情報機器の発達により、手で書くの難しかった漢字が簡単に表記(注1)できるようになり、漢字の使用が増えたためである。たとえば、気分が沈んだ状態である「ゆううつ」という言葉をメールで使う場合、「憂鬱」と漢字で表記する人が増えている。この「憂鬱」は新しく常用漢字になった漢字である。しかし、日本に外国人が増加して、漢字が苦手な人もいるため、常用漢字を減らすべきだという意見もある。どのような漢字表記がよいのか、いつどこでどんな表記を使うのがいいか、さまざまな点から考えていかなければならないだろう。(注1)表記: 文字などを使って、ことばを書き表すこと

Câu hỏi: 常用漢字の数が増えた理由は何か。

1.日本で生活したり、働いたりする外国人が増えているから。
2. 情報機器が発達し、漢字の使用が増えたから。
3. 漢字で書いたほうがわかりやすいから。
4. メールを使う人が増えたから。

Đáp án:
2. 情報機器が発達し、漢字の使用が増えたから。